MAmeeの雑記伝

雑記なガラパゴス・ネタ記事多。たまにおすすめの紹介。記事毎のキャラのブレ幅大。

誰にでも潜む固定観念の拘束力をセンチメンタルに呟く

f:id:rennto-saikawa:20190723112927p:plain

こんにちは。MAmeeともうします。

 

「これはこう使うべきだ。」

「それはこうあるべきだ。」

「あれはこうするべきだ。」

一つの物事を「~はこうあるべき」などと己の偏見で結論付けてしまう、

「固定観念」

その拘束力たるはかなり強いもので、やっかいなことに人から人へと伝染してしまうもの。

思想の発信などが安易にできてしまう近頃、気持ち悪いほどに他人の意識が同調し、無意識の絆みたいなものができ「量産型」的な人間が群れを成している。

 

物事に潜む性質を深堀りする前に植え付けられた「固定観念」が先行し、早期的に短絡的に耳障り良く、答え・結果を出す。

個人単位で、身内単位で、組織単位で、地域単位で、国単位で。

 

f:id:rennto-saikawa:20190723112944j:plain

着心地の良い「固定観念」は、音に乗り紙面に載り電波に乗り何の抵抗もなく僕たちはスタンスに取り入れていく。

発信元が最低限自分の「固定観念」から逸脱した思想でなければ、著名だろうが無名だろうが投げられたその一石は、いともたやすく民衆の無意識のフォルダみたいなところに新たな「固定観念」をインプットする。

 

f:id:rennto-saikawa:20190723112953j:plain

反面、民衆の「固定観念」によるファイアウォールに引っ掛かろうものなら不気味に意識を統一された「固定観念の軍勢」がうねりを上げて群れとなり、相容れない受け入れられない思考許容外の事象を揉み潰す。

あまりに統一された大多数の 意思はまるで「蟻」のよう。

 

いかにも日本人っぽい民主主義的で優しい世界だと思う。

 

かといって、世の流れ、価値観を完全に無視し。

斜に構え、倫理から逸脱する危険思想・行動が世の「固定観念」を覆す事かというと、そんなことは有り得なく、あってはならない。

その根源は揺らいではいけない。

 

人間の思想・行動原理なんて究極を言えば「生への執着」によるところ。

人命を脅かす少数の危険思想的な「固定観念」は、人類が長らく培ってきた「命を尊ぶという固定観念」によって淘汰されなければならない。

 

「固定観念」とは、つまりは生きるための処世術。

 

ただ一つ、個人で物事にぶつかったとき考えを先に巡らせればいい。

 

「その逆は?」

 

f:id:rennto-saikawa:20190723113001j:plain

どんな景色でも端と端、上からか下からかで見えるものは違うもの。

その時に両面挟んで中心に見えた景色がもしかしたら、

答え。もしくは「覆す固定観念」となるのかもしれません

 

このエントリーをはてなブックマークに追加