MAmeeの雑記伝

雑記なガラパゴス・ネタ記事多。たまにおすすめの紹介。記事毎のキャラのブレ幅大。

今日はいけそうな気がする日のあるある

こんにちは。MAmeeともうします。

 

突然ですが、今我が家は絶賛子作り中です。

もちろんただ子作りのためという事でもなく夫婦のスキンシップ。

という面も大事にしています。

 

そんな日々の中、「今日はこれいけるな。すごいことになるな。」

そんな根拠のない直観が舞い降りてくることがあります。

そしてその日の仕事帰りはドラックストアに立ち寄り、

効果があるかどうかも分からないような錠剤状の精力剤的なものを仕入れていきます。

プラセボってやつ。

そして家の駐車場で一緒に買った「いろはす」を流し込み、心身共に充実させ来る夜に備えます。

 

ですが、なぜだかそんな日に限って妻とわずかなすれ違いが起きてしまう。

いつもは発展しない小さなわだかまりから、大きくすれ違ってしまう。

何なんだろうこの感じ。

 

中学生の頃でいうなら、一人で致すのに親の帰りが早いとものすごい悪態つくような。

そんな感じ。

相手がいて、その相手がすぐ近くにいるのに。一人の時より持て余す感がすごい。

 

子作りといっても、行為自体どうしたってエロチシズムはぬぐえないわけで。

それを誘うってなるとやはり、雰囲気というかムードのようなものはどうしたって必要なわけで。

 

もう性欲というものが何なのかわけがわからないよ。

 

「性欲は盲目なり」とはよく言ったものだ。

誰が言ったか知らんけど。

 

性欲は人の距離感を狂わせる。

いつも近くにいる妻とすれ違うほど近づき過ぎてしまったり。

親の帰宅時間を見誤ってみたり。

ティッシュがギリギリ手の届くところになかったり。

 

もしかしたら、ラブドールとか、VRとか、そういうものに没頭しがちな人は、そういったリアルのあらゆる距離感の小難しさから脱却を図った先駆者。

新人類といってもいいのかもしれない。

 

 

 

持て余すとこんな訳の分からない文章を書き起こしてしまうものなんですね。

 

皆さんもタイミングと間合いはお気を付けて。